調剤報酬② [中央社会保険医療協議会の議事録や会議資料] 第317回 2015年12月4日(平成27年12月4日) 1 調剤報酬(その2)についてのまとめ


前章 >> [社会保障2]28年度診療報酬改定 審議資料(財務省)のまとめ

 

 

 

 D  調剤報酬改定 

調剤報酬② [中央社会保険医療協議会の議事録や会議資料]  第317回 2015年12月4日(平成27年12月4日) 1 調剤報酬(その2)についてのまとめ

 

 

 

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000106118.pdf

 

12月に行われた中央社会保険協議会(以下、中医協)の会議資料であり、調剤報酬に関する議論のテーマがまとめられている。

基になっているのは、厚生労働省2015年10月23日に公表した「患者のための薬局ビジョン」である。

(したがって、本資料とともに「患者のための薬局ビジョン」も併せて読んでおきたい。)

チェックするべき項目は以下の4点であろう。

・地域包括ケアシステム構築のための「在宅」の推進

・医療の効率化である「後発医薬品の使用促進」

・「服薬情報の一元的・継続的把握」によるお薬手帳の整理と相互作用の防止

・「かかりつけ医との連携」により多剤・重複投薬の防止と残薬の整理

 

これらの項目に併せて、「後発医薬品の薬価」と「いわゆる病院の門前薬局における基本料」について審議が入る可能性が高いことが読める。

 

この資料の目次を以下に示す。

 

「28年度診療報酬改定」

1.総論(改定率に関する考え方)

2.各論(「経済・財政再生計画」の改革検討事項)

(1)薬価・医薬品に係る改革

(2)調剤報酬に係る改革

(3)入院・外来等に係る改革

 

ここで重要なのは、「2-(2)調剤報酬に係る改革」である。

かかりつけ薬局の方向性と調剤報酬の評価の在り方が提示されている。

ここに登場するキーワードに関する項目が、調剤報酬改定の可能性が高いと考えてよいだろう。

具体的なキーワードは、「在宅」「24時間対応」「かかりつけ医との連携」「処方薬の一元的・継続的管理」「後発医薬品の使用促進」である。

 

 

 

[この資料のポイント]

P.7

1 全体の方向性

患者本位の医薬分業の実現に向けて、患者にとって身近なところにある、かかりつけ薬局の機能を明確化するとともに、薬局全体の改革の方向性について検討する。

 

<患者本位の医薬分業で実現できること>

□薬剤師は、患者の状態や服用薬を一元的・継続的に把握し、処方内容をチェックする

□複数診療科を受診した患者は、多剤・重複投薬等や相互作用が防止される

□患者は、薬の副作用や期待される効果の継続的な確認を受けられる

□在宅で療養する患者も、行き届いた服薬管理・指導が受けられる

□薬への理解が深まり、飲み忘れ、飲み残しが防止される。これにより、残薬が解消される

□薬剤師は、こうした取組を、地域のかかりつけ医など多職種と連携して行う

□患者はOTCの使用方法を含め、気軽に健康相談を受けられる など

 

P.8

2.患者がかかりつけ薬局のメリットを実感できるような調剤報酬

患者にとってメリットが実感できるかかりつけ薬局を増やし、いわゆる門前薬局からの移行を推進するため、調剤報酬の例えば以下のような評価等の在り方について検討する。

 

○ 在宅での服薬管理・指導や24時間対応など、地域のチーム医療の一員として活躍する薬剤師への評価

○ かかりつけ医と連携した服薬管理に対する評価

○ 処方薬の一元的・継続的管理に対する評価

○ 薬剤師の専門性を生かした後発医薬品の使用促進に対する評価

○ いわゆる門前薬局に対する評価の見直し など → 患者の薬物療法の安全性・有効性が向上するほか、多剤・重複投薬等の防止や残薬解消により、 医療費の適正化にもつながる

→ 調剤報酬を抜本的に見直すこととし、次期改定以降、累次に亘る改定で対応するよう、今後、中央社会保険医療協議会で具体的に検討。

 

3.PDCAサイクル

医薬分業の質を評価できる適切な指標(疑義照会、在宅医療への参画など)を設定し、定期的な検証を実施しながら医薬分業を推進する。

 

 

以上

 

 

 

次章 >> [患者のための薬局ビジョン]~「門前」から「かかりつけ」そして「地域」へ~のまとめ

 

 

 

D 調剤報酬改定 ナビゲーション

[調剤報酬改定 前口上]

[調剤報酬改定 対応編]

[調剤報酬改定2016 情報編]

平成28年度診療報酬改定の基本方針のまとめ

[社会保障2]28年度診療報酬改定 審議資料(財務省)のまとめ

調剤報酬② [中央社会保険医療協議会の議事録や会議資料]  第317回 2015年12月4日(平成27年12月4日) 1 調剤報酬(その2)についてのまとめ ←今ココ

[患者のための薬局ビジョン]~「門前」から「かかりつけ」そして「地域」へ~のまとめ

調剤報酬改定2016 情報編 速報版「個別改定項目」

[決定版 健康サポート薬局①]2016年10月REPORT

[決定版 健康サポート薬局②]2016年10月REPORT

 

 

 

↓ もし良かったら、この記事をシェアしていただけると嬉しいです。