がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 あいさつ]


前章 >> がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 服装・身だしなみ]

 

 

 

 C  スキルアップシリーズ(マナー・接遇) 

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 あいさつ]

 

 

 

あいさつについては、詳細な説明やテクニックは必要ないだろう。

しかし、その簡単なことが案外できていないのである。

あなたの薬局でも確認してみてほしい。

笑顔で、患者さんの目を見て、聞き取りやすい声で、礼儀正しい容姿で、スタッフからあいさつしているかを確認してほしい。

自分も他のスタッフも、案外、できていないことに気づくだろう。

あいさつとは、テクニックではない。

患者さんに対する姿勢であると私は考えている。

 

あいさつのマナーで私がもっとも大切だと思うのは、「笑顔」である。

 

いろいろなテキストを読むと、「自然な笑顔で」とある。

確かに、目から下だけが笑っていても、キモイだけだ。

感覚的には理解できるのだが、どうしたらよいのか?

 

「どんな患者からもクレームがこない接遇のルール」から、「自然な笑顔のつくり方」を紹介しよう。

 ・犬や猫をかわいがるときの笑顔をイメージする

 ・赤ちゃんをあやすときのイメージ

 ・目にも笑みを浮かべる

 ・口角をもち上げる

[引用元]

「どんな患者からもクレームがこない接遇のルール」P.17 より

濱川博招・島川久美子 著 (株式会社エクスナレッジ)

 

ちなみに、意識的に口角を上げてるだけでも、笑顔になるといわれている。

人間は、うれしいことがあると脳からセロトニンが分泌される。

セロトニンは、別名「幸せホルモン」と言われており、顔の表情に刺激を与え、目じりが下がり、口角が上がる。

このメカニズムは、反対にも作用する。

つまり、口角を上げると脳はうれしいことがあったと錯覚し、セロトニンを分泌するのだ。

これにより、本当の笑顔になるのである。

 

C笑顔

 

わざとらしくても笑顔を作ること、かわいいモノを思い浮かべるなどが効果的なようだ。

まあ、理屈より実践。あなたも、とにかく笑ってみよう。脳が間違えるまで。

 

 

以上

 

 

 

次章 >> がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 電話・FAX]

 

 

 

C スキルアップシリーズ(マナー・接遇) ナビゲーション

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 前口上]

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 服装・身だしなみ]

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 あいさつ] ←今ココ

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 電話・FAX]

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 敬語]

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 薬局内のマナー・心がまえ]

負けるな!管理薬剤師シリーズ[マナー・接遇 ホスピタリティ]

負けるな!管理薬剤師シリーズ[マナー・接遇 ユニバーサルサービス]

負けるな!管理薬剤師シリーズ[マナー・接遇 クレーム]

負けるな!管理薬剤師シリーズ[マナー・接遇 あいさつ2]

 

 

 

↓ もし良かったら、この記事をシェアしていただけると嬉しいです。