がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 服装・身だしなみ]


前章 >> がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 前口上]

 

 

 

 C  スキルアップシリーズ(マナー・接遇) 

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 服装・身だしなみ]

 

 

 

このコンテンツでは、服装・身だしなみについて考察する。

 

[服装]

一言で言うと「常識的」でなければならない。

なぜなら、患者さんがあなたを見てどう思うかが最も重要なことだからだ。

患者さんは、一目見て、あなたの第一印象を決めてしまう。

「私の体や健康に関することをこの人に委ねてもよいだろうか?」

あなたと初めて接する患者さんの心には、このような問いが生じているはずだ。

「この人で大丈夫かな?」と思われない服装が正解なのである。

 

もし、あなたの薬局に服装についての規定がない場合は、以下の服装が無難である。

 

・白衣以外の服装

男:白もしくは淡い色のワイシャツ。ズボン・靴下は、派手な柄・色はNG。Gパンはダメ。

女:落ち着いた色のシャツ、ブラウス等。スカート・パンツ・靴下・パンストは、派手な柄・色はNG。Gパンはダメ。

  スカートの丈は、極端に長いものや短いものは避ける。

・シューズは、白のスニーカーまたはパタパタしないサンダル。

・アクセサリーは、つけない。

(女性の場合、結婚指輪のみOK。)

 

最後に、名札、白衣の汚れ、破れ、ボタン外れをチェックする。

 

 

 

[身だしなみ]

最も注意するべきポイントは「清潔さ」である。

 

頭髪は毎日洗うことはもちろんだが、真後ろの寝ぐせにも気をつけよう。

薬局で特に大切なのは「爪」である。

服薬指導をするときにも、手は必ず視界に入るからである。

ちなみに、あなたが男性の薬剤師なら、女性は男以上に異性の手を見ることを覚えておこう。

手の汚れ、爪のチェックは必須である。

 

髭はNG。

あなたのあだ名が「バカボンのパパ」にならぬように、鼻毛も毎朝、チェックしよう。

 

私自身が気をつけていたことに、「口臭」がある。

口臭は、歯が悪いか胃が悪い場合に起こりやすいが、自分ではなかなか正確な匂いがわからないものである。

特に、私は通年制のアレルギー性鼻炎だったために鼻が詰まることが多く、自覚できないことが多かった。

そのため、業務の前に必ず歯の手入れを行った。(午前と午後の2回)

 

もちろん、深酒ニンニクを大量に使った料理は、休日前に楽しむように気をつけること。

 

以下にチェックポイントをまとめる。業務開始前の確認に役立てていただきたい。

[チェック・ポイント]

・名札

・白衣の汚れ、破れ、ボタン外れ

・頭髪:フケ、寝ぐせ

・髭:剃り忘れ

・手:手指の汚れ、爪の手入れ

・口臭

 

CHECK LISTs

 

 

[参考資料]

・薬局・薬剤師のための接遇マニュアル‐国民・患者からの意見を踏まえて‐

(社)日本薬剤師会 平成16年3月

 

・どんな患者からもクレームがこない接遇のルール

濱川博招・島川久美子 著 (株式会社エクスナレッジ)

 

 

以上

 

 

 

次章 >> がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 あいさつ]

 

 

 

C スキルアップシリーズ(マナー・接遇) ナビゲーション

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 前口上]

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 服装・身だしなみ] ←今ココ

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 あいさつ]

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 電話・FAX]

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 敬語]

がんばれ!新人薬剤師シリーズ[マナー・接遇 薬局内のマナー・心がまえ]

負けるな!管理薬剤師シリーズ[マナー・接遇 ホスピタリティ]

負けるな!管理薬剤師シリーズ[マナー・接遇 ユニバーサルサービス]

負けるな!管理薬剤師シリーズ[マナー・接遇 クレーム]

負けるな!管理薬剤師シリーズ[マナー・接遇 あいさつ2]

 

 

 

↓ もし良かったら、この記事をシェアしていただけると嬉しいです。