[高齢者の薬物療法PLUS]①前口上


 

 

 

 α 在宅PLUS 

[高齢者の薬物療法PLUS]①前口上

 

 

今回は、「高齢者の薬物療法」を考察する。

 

高齢者の薬物療法は難しい。

エビデンスは十分蓄積されておらず、高齢者の個体差も大きいため、「解の方程式」がない。

従って、患者さんごとに解決法を考えなければならない。

 

このコンテンツは、「高齢者の薬物療法に関する情報」と「具体的にどうするか?」を整理することを目的としたシリーズである。

 

[高齢者の薬物療法PLUS]コンテンツ一覧

①前口上

②高齢者の薬物療法の問題点

③高齢者の生理的変化

④腎機能低下時

⑤服薬アドヒアランス

⑥高齢者にとって注意するべき薬

⑥-2高齢者にとって注意するべき薬2

⑦具体的にどうすればよいか?のヒント

⑧一包化について(おまけ)

 

最初に②「高齢者の薬物療法の問題点」を確認し、次のセクション③では「高齢者の生理的変化」をまとめる。

高齢化に伴う薬物動態の変化を理解するのが目的である。

そのうえで、私が「高齢者の薬物療法」において特に重要と考える3つのテーマを考察する。

それは、④「腎機能低下時」⑤「服薬アドヒアランス」⑥「高齢者にとって注意するべき薬」である。

最後にこれらの情報を現場でどのように活用するかを考察する。

⑦「具体的にどうすればよいか?のヒント」である。

未熟な一薬剤師の考察なので、不十分な点にはご指摘やご指導をいただければと思う。

 

方程式がない問題を解くには、さまざまな解決法の引き出しを増やすことが大切である。

このコンテンツがあなたの引き出しの一つになれば、望外の喜びである。

 

 

以上

 

 

 

次章 >> [嚥下障害PLUS②嚥下障害と薬]在宅PLUSシリーズ

 

 

 

α 在宅PLUS ナビゲーション

[高齢者の薬物療法PLUS]①前口上 ←今ココ

[高齢者の薬物療法PLUS]②高齢者の薬物療法の問題点

[高齢者の薬物療法PLUS]③高齢者の生理的変化

[高齢者の薬物療法PLUS]④腎機能低下時

[高齢者の薬物療法PLUS]⑤アドヒアランス

[高齢者の薬物療法PLUS]⑥高齢者に注意するべき薬

[高齢者の薬物療法PLUS]⑧おまけ 一包化について

 

 

 

↓ もし良かったら、この記事をシェアしていただけると嬉しいです。


Tagged on: ,