[第1章 はじめに]


 

 

 

 A  調剤薬局で患者さんを増やす方法 

[第1章 はじめに]

 

 

A1割

このコンテンツでは、調剤薬局で患者さんを増やす方法について考察する。

もう少し正確に言うと、門前のクリニック以外の患者さんを1割程度増やす工夫である。

なぜ、1割なのか?

それは、私が患者さんを増やすことができたのが1割だったからである。

 

このコンテンツが生まれた経緯を簡単に紹介したい。

実は、ここに紹介した内容は、患者さんを増やすために行ったことではない。

私が勤務していた調剤薬局は、内科(消化器)のクリニックの門前であり、患者さんは1日に約60人程度来局される。

場所は街中だが、国道から2本ほど奥の住宅街にあり、このクリニック以外に医療機関はない。

開局当初は、もちろん集中率100%だった。

しかし、1年後には、集中率が92%になっていた。

なんと門前の患者さん以外に100~120人/月の増加になっていたのだ。

うちの薬局は、案内用看板はない。ホームページもない。もちろん、広告も一度も出していない。

なのに、約1割の患者さんが集客できたのである。

薬剤師の友人から、「それって、結構すごいことだから、原因を分析してみろよ。」とアドバイスを受けた。

その思い当たる原因が、このコンテンツの内容である。

 

 

 

◇コンテンツの目次◇

『第2章 調剤薬局に集客が必要なワケ』

調剤薬局にとって「集客」が、経営戦略上、必要になる理由を考察する。

 

『第3章 患者さんがどんなことに不満や満足を感じるか?』

患者さんの不満や満足を感じることとは何かをアンケートから考える。

 

『第4章 患者さんに接するときの基本方針』

『第5章 クレーム・調剤過誤』

『第6章 お薬手帳』

『第7章 質問・相談(患者さんや医師からの)』

患者さんが満足するサービスを様々な切り口から掘り下げる。

 

『第8章 サービスの実例』

私の薬局で実践していたサービスの実例を紹介する。

 

『第9章 おわりに』

一本の電話にまつわるささやかなエピソードで締めくくる。

 

 

 

次章 >> [第2章 調剤薬局に集客が必要なワケ]

 

 

 

A 調剤薬局で患者さんを増やす方法 ナビゲーション

[第1章 はじめに] ←今ココ

[第2章 調剤薬局に集客が必要なワケ]

[第3章 患者さんがどんなことに不満や満足を感じるか?]

[第4章 患者さんに接するときの基本方針]

[第5章 クレーム・調剤過誤]

[第6章 お薬手帳]

[第7章 質問・相談]

[第8章 サービスの実例]

[第9章 おわりに]

 

 

 

↓ もし良かったら、この記事をシェアしていただけると嬉しいです。


Tagged on: ,