[第1章 はじめに]


 

 

 

 1  薬剤師の最強勉強システム 略して「薬勉」 

[第1章 はじめに]

 

 

薬剤師は、継続的で幅広い勉強が必要な職業である。

勉強するべきテーマも多く、いろいろな情報の更新も頻繁である。

 

まず、薬についての知識。

薬局で採用されている薬剤の知識に加え、多くの新薬を勉強しなくてはならない。

既存の薬剤についても添付文書の改訂による情報更新が行われる。

疾患についても勉強が必要である。病態、薬物治療や検査などの知識である。

さらに、2年に一度調剤報酬が改定になる。制度や法規も確認が必要だろう。

最近では、「コミュニケーション」や「EBM」も重要視されている。

 

では、どのように勉強すればいいのか?

実際、私の周りには勉強方法で悩んでいる薬剤師は多い。

勉強の必要性は痛感しているのに、具体的な方法がわからないのだ。

実は私もその一人だった。

 

そんな薬剤師に紹介したいのが、最強の勉強システム「薬勉」である。

誰でも簡単にでき、自分の実力がアップし、しかもコストがほとんどかからない勉強方法である。

このシステムの概要は次の章で説明するが、「薬勉」によるメリットは非常に大きい。

たとえば、門前の医師からは今以上に信頼され、相談が多くなるだろう。

患者さんの相談にも的確に対応でき、悩みを解決できる薬剤師として頼られるに違いない。

事実、私も患者さんからの質問や相談がかなり増えた。

しかし、最大のメリットは、あなた自身の知識の引き出しが増え、実力の向上につながることである。

 

 

 

では、最強の勉強システム「薬勉」の説明に移るまえに、わかりやすく読み進めるためにこのコンテンツの構

成を説明する。

 

『第2章「薬勉」とは』

次の章では、「薬勉」の概要について説明する。

とりあえず、全体像を把握したいただくのが目的である。

 

『第3章「薬勉」step① 勉強のテーマを設定する』

「薬勉」は3つのステップによって構成されるシステムである。

そのstep①である勉強テーマの設定方法について解説する。

 

『第4章「薬勉」step② 勉強材料を集める』

「薬勉」のstep②である勉強材料の集め方について解説する。

また、材料別に何が勉強できるかを解説する。

 

『第5章「薬勉」step③ 勉強する』

勉強の基本方針を説明する。

また、テーマ別の勉強内容を紹介し、実際の勉強をイメージできるようにする。

 

『第6章 実例』

具体的な勉強テーマの実例を紹介する。

また、実際に勉強した例や業務に応用した勉強テーマも紹介する。

 

なお、コンテンツ全体のポイントをまとめたレジュメを第6章に載せているので参考にしてほしい。

では、『第2章 「薬勉」とは』に進もう。

最高にクールな薬剤師になるための第一歩は、第2章をクリックするだけなのだ。

 

 

次章 >> [第2章 「薬勉」とは]

 

 

 

1 薬剤師の最強勉強システム 略して「薬勉」 ナビゲーション

[第1章 はじめに] ←今ココ

[第2章 「薬勉」とは]

[第3章 「薬勉」step① 勉強のテーマを設定する]

[第4章 「薬勉」step② 勉強材料を集める]

[第5章 「薬勉」step③ 勉強する]

[第6章 実例]

 

 

 

↓ もし良かったら、この記事をシェアしていただけると嬉しいです。


Tagged on: ,