医薬品卸管理薬剤師の縁側日記 ㉑おぼえる君


医薬品卸管理薬剤師の縁側日記 ㉑おぼえる君

○月○日

今年、うちの支店に配属される新人と雑談をしていたときのこと。
今の悩みを聞いたところ、返ってきたのが、「薬の種類が多くて覚えられないこと」であった。
彼らは現在、先輩のMSと同行して、現場の業務(発注、検品など)を実習している時期であるために悩んでいたのだろう。

ここ数年、後発医薬品の種類も激増、採用比率は年々上昇し、取扱い品目はどんどん増えている。
しかも、薬以外に医療機器も取り扱う。
なるほど、覚えるのは大変だろうと思う。

そこで、薬の名前を覚えるための資料を作ってみた。
エクセルのシートに「メーカー」「商品名」「商品名の由来」「薬効分類」を設定し、簡潔にまとめたものである。
薬の選択は、市場でシェアの高いものと注力している品目を中心にラインナップした。
この資料は「おぼえる君」と命名し、新人に配信した。
未来を担う新人に少しでも役立てば幸いである。

以上