医薬品卸管理薬剤師の縁側日記 ⑪調剤報酬改定


医薬品卸管理薬剤師の縁側日記 ⑪調剤報酬改定

○月○日

2年に一度、大変な時期がやって来る。
それは、診療報酬の改定である。
MSと話していると毎年「答えることができない相談・質問」をいただくらしい。

たとえば、
①「今年の調剤報酬改定のポイントを教えてほしい。」
②「今回、薬価が大幅に下がる品目のリストがほしい。」→薬価が公示される2ヵ月前に言われる。
③「今度の調剤報酬改定の後発品比率を調べてほしい。」→これも決定の前に言われる。

お得意様としては、一刻も早く内容を把握し、改定に備えて準備をしたいであろう。
薬価が上がる商品と下がる商品があらかじめ分かっていれば、在庫や発注が変わる。
また、後発品比率にしても、基本料や加算に関係するため、4月請求分からクリアをしておきたい。

この気持ちは痛いほどわかるのだが、上の質問にすべて答えるのは難しい。
(薬価が変動する薬が一部わかる程度である。)
①の「調剤報酬の改定のポイント」については、厚生労働省の資料等である程度対応は可能だが、具体的な数字が示すことができないので、業界誌の見出し程度の情報になってしまう。

とりあえず、MSに報酬改定の理解を促進するための工夫を考えてみようと思う。
自分への課題である。

以上